起立性調節障害

起立性調節障害の症状とは

お子さんがこのような症状
お悩みではありませんか?
  • 朝起きられずに学校にいけない
  • 特に午前中に調子が悪い
  • 全身に倦怠感があって動けない
  • 夜になかなか寝付けない
  • イライラ感や集中力の低下し授業を受けられない
  • 立つと気分不良や失神してしまう
  • 原因不明の頭痛・めまいで悩んでいる etc

起立性調節障害は、現代の子供たちに増えている症状です。

この症状により学校に行けなくなってしまっているお子さんがいます。

しかし周りには「サボり」に見えてしまい、本人の根性や精神力などの問題だとお子さんを叱責してしまう親御さんもいます。

しかしそのようなことで改善しません。

どうすればお子さんの症状は改善するのでしょうか?学校に行けるようになるのでしょうか。

残念ながら医療機関で良くならないことが多いのが起立性調節障害の特徴。

なぜ当院の鍼灸で変わっていくのか。それをわかりやすくお話しますので、起立性調節障害でお悩みなら、ぜひこの先をお読みください。

施術者紹介

施術家歴
15年
国家資格
はり師・きゅう師・柔道整復師

その他資格:ケアマネジャー(介護支援専門員)・柔道整復師専科教員・カイロプラクター

現役の柔道整復師の教員でもあり、カルフォルニア州立大学・天津医科大学での研修経験あり。

私は自律神経症状を専門的に扱ってきた鍼灸師です。

あなたが今悩んでいる症状は、当院で多くの人がよくなった症状かも知れません。

ですので一人で悩まず、私に相談してください。原因がわかれば改善への道筋は見えてきます。

二人で頑張っていきましょう。

親御さんに最初に知っておいて欲しいこと


起立性調節障害の原因や改善方法についてお話する前に、親御さんに最初に知っておいて欲しいことがあります。

それはあなたのお子さんはサボっているでのはない、ということです。

お子さんは症状で苦しんでいる。本当は学校にいけない。でも辛いからいけない。そんな状態なのです。

お子さんは親御さんに頼りたいでしょう。しかし叱責されたりしたら、ストレスで症状は悪化していってしまいます。

まずはお子さんの辛さを理解してあげてください。それが起立性調節障害改善の第一歩で、何より重要なことなんです。

なぜ起立性調節障害になってしまうのか

自律神経バランスが乱れて
それで循環器が適切に働かなくなっている

起立性調節障害というのは、端的に言うなら「子供の自律神経失調症」です。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。

この2つがバランスよく働くと、人は健康に過ごせるのですが、片方ばかりが働くと身体に不調が起きます。

残念ながら、お子さんの場合は、交感神経か副交感神経のどちらかが強く働いてしまっているのです。

特に自律神経の乱れによって、循環器が適切に働いていないのです。

例えばこんな症状の場合
■立ち眩みや失神
→立ち上がった時に血圧が急に低下してしまう
■激しい動機に襲われる
→循環器がおかしくなり、心拍数が上がりすぎる
■倦怠感
血液循環が悪くなっており、脳への血流が維持されなくなっていて、疲労感が取れないし、集中できなくなる

眠れない・起きられない・イライラしてしまうなども、すべて自律神経が乱れているせいです。

起立性調節障害になるプロセス

自律神経のバランスが乱れてしまう
自律神経バランスの乱れて、様々な体の器官・内臓、特に循環器が適切に働かなくなる
血流がうまくいかなくなり、血圧・心拍などに問題が出てくる
この状態が続く、学校などに行けなくなる=起立性調節障害

これが起立性調節障害がどのように起こるのかのプロセスです。

一般的な検査と治療法、その限界について

起立性調節障害に対して、一般的な医療機関ではどんな検査や治療を行なっているのでしょうか?

検査について

血液検査、内分泌学的検査、検尿、レントゲン検査、心臓超音波検査、心電図などが行われることが多いです。

起立性調節障害の治療について
  • 薬物療法(血圧の薬、漢方療法)
  • 生活指導

多くの場合が薬物療法でしょう。血圧に問題が出ているので、血圧を適切な状態にするために薬を処方するのです。

生活指導では、運動指導・水の量の指導などがあります。

治療の限界

薬物療法では、一時的に血圧を戻します。だから一時は症状が治まったりするのですが、根本改善にはなりません。

薬を使い続けていると効き目が薄くなっていって多量に服用してしまったり、症状が悪化してしまう傾向にあります。

どうすれば起立性調節障害の根本改善できるのでしょうか?

まつお はり・きゅう院だから起立性調節障害に出来ること


まつお はり・きゅう院では、このような起立性調節障害に対して、鍼と灸つまり鍼灸施術でアプローチします。

鍼灸の強みは自律神経バランスを安定させることが出来ること。

薬を使わないで体の治癒力を高めて、自律神経を安定させることで、症状の改善を追求します。

具体的には、次のような鍼灸施術を行います。

まつおはり・きゅう院の自律神経バランスを整える鍼灸施術


①カウンセリングと検査
東洋医学と西洋医学の両面から見立てる

自律神経バランスが乱れてしまうのは、日々の生活に要因が隠れています。

食欲や体温はどれくらいか・便の状態は(下痢か便秘か)・普段飲む水の量は・肌の状態は・疲れやむくみ具合・最近の食事の好みは etc こうしたことを把握することで、体のどこにアプローチするべきかわかってきます。

また西洋医学的検査と東洋医学的な検査を行うことで、原因を特定することが出来ます。

②内臓調整
自律神経を整える基盤

負荷のかかっている内臓を整えていくことが、自律神経バランスを整える基盤になります。

内臓は自律神経と密接に結びついているだけでなく、体の自然治癒力・免疫力も司っており、内臓がしっかりと働けることが、自律神経バランスの安定を加速させるからです。

③骨格・筋肉・関節の調整
神経伝達をスムーズにする

骨格にゆがみがある、筋肉に緊張がある、関節にゆがみがあると、姿勢のバランスが崩れます。

姿勢が悪いと神経を圧迫させます。つまり、自律神経の伝達が詰まってしまいます。

なので骨格・筋肉・関節を調整することで神経伝達をスムーズにします

④ストレスの調整
脳から適切な命令が出るようになる

鍼灸にはストレス解消にも有効であることがわかっています。

ストレスによって変化した神経伝達物質を正常化させることで、感じているストレスを緩和することが出来るのです。

また肝臓が不調だとストレスを上手く処理できないので、肝臓を調整することも重要です。

⑤頭部調整
頭の免疫機能を調整する

脳(頭部)にアプローチすることもとても重要です。

頭部に血流が悪いと老廃物が蓄積して、自律神経が乱れやすくなります。

頭には鍼ではなく「お灸」でアプローチします。頭にお灸することで、その部分の回復力を高めていくことが出来ます。

鍼灸施術料金

初検料 2,000円
自律神経調整 9,000円
学生はり灸(高校生まで) 3,500円
小児はり灸 3,000円

予約方法

施術の流れ

 

起立性調節障害で困ったら

お子さんが原因不明の症状でお困りなら、まずは親御さんはお子さんの辛さを理解してください。

そうしたら次は、改善法について教えてあげましょう。その症状は自律神経の乱れが問題であり、自律神経バランスが戻れば、症状がなくなり学校にも行けるようになります。

まつお はり・きゅう院は自律神経を安定させることを得意としています。

1人で悩まず、まずは私にご相談ください。大丈夫、必ず光明が見えるはず。私があなたに希望をお見せしますよ。

 

基本情報

住所〒860-0811 熊本県熊本市中央区本荘 4-10-20 U-village本荘1F
予約当院は予約制の鍼灸院です。ご予約の上、ご来院ください。

施術中は電話に出ることが出来ません。

現在多くの方にご利用頂いております。


申し訳ありませんがお電話でお問い合わせ場合、留守電になることがあります。


留守電に「お名前」「電話番号」「施術希望」の旨を残して頂くと、折り返し電話させて頂きます。
電話096-373-7272
営業時間平日・日曜 9:00 – 21:00
土曜・祝日 9:00 – 14:00
定休日不定休