スマホで【太る・眠れないカラダ】になる!ベッドでスマホは厳禁!

不眠はカラダの色々な不調につながります

眠れないからスマホで動画見ている人。

寝る前までスマホを見ていると、不眠症になりますよ。

 

■最近太りやすくなった

■肌荒れが治らない

■自律神経の乱れが気になる

■眼精疲労が続いている

■頭痛・耳鳴りが治らない

これらは、夜のスマホが原因かもしれません。

睡眠不足は食欲を抑制するホルモンが減少して、食欲を亢進するホルモンが増加します。

寝不足は医学的にも太りやすくなります。

 

睡眠は自律神経の調整にも影響があります。

寝不足になると交感神経と副交感神経の切り替えがうまく出来ず、肌荒れや慢性疲労、うつや糖尿病の誘因にもなります。

寝不足は病気になりやすいカラダになりますよ。

 

スマホは眠気を阻害する

昼間に眠くなくて夜に眠くなるのは、眠気を誘うホルモンが関係します。

睡眠に関係するホルモン・メラトニンが日中は抑制されているので、昼間は眠気を感じにくいのです。

これが夜になると分泌されて眠気を誘います。

 

スマホなどのブルーライトの刺激は、脳を覚醒します。寝る前に強い刺激が入ると、脳は寝る準備ができません。

夜になっても脳が昼間と勘違いしてしまうからです。

その為に眠気自体が抑制されてしまいます。

 

この状態で寝ていても、脳が寝る準備が出来ていないので熟睡できません。

浅い眠りしか取れないので、長い時間寝ても脳も身体も疲れが取れません。

朝にスッキリ起きられない人は寝不足かも。

 

寝室でスマホをみる習慣の人は注意して下さい。

■動画やドラマなどはみていませんか?

■LINEやインスタをしていませんか?

睡眠は寝ればいいのではありません。

質の良い睡眠をとる事が必要です。

 

【質の良い睡眠はこちらをご覧ください

 

夜の正しい過ごし方

寝る前のスマホが原因の場合は、「スマホを寝室に持ち込まない。」

これが出来れば改善します。

しかし、なかなかすぐには出来ないと思います。

 

まずはこれからやってみましょう。

□寝る1時間前にスマホは終わらせる

□ベッドにスマホを持ち込まない

この2つだけでもあなたの睡眠は変わります。

睡眠が変わると、あなたのカラダも変わります。

 

スマホが枕元にあるとついつい見てしまいます。できれば寝ていて手が届かない所に置きましょう。

この2つが出来ないのは、スマホの依存度が高いですよ。スマホ依存は子どもから大人まで誰でもなります。

うまく使えば便利な道具ですが、病気の原因にもなります。

 

質のよい睡眠をとるには、睡眠習慣の改善が必要です。

スマホを持って寝ても、カラダは回復しませんよ。

 

明日のあなたは今日で変わります

寝る前のちょっとした習慣で、明日のやる気が変わります。

質の良い睡眠は日中の活動力を高めます。

朝スッキリ起きると気分もいいですよね。

 

不眠の原因は色々あります。

スマホはその1つです。

 

スマホを完全に使用しないのは現実的ではありません。スマホとの夜の付き合い方を見直してみませんか?

 

今夜からスマホと添い寝は止めてみましょう。

 

【今の生活習慣を見直して元気なカラダを取り戻しましょう。まずはお気軽にご相談ください】

予約の前にこちらをご一読お願い致します。

【初めての方はまずはこちらをお読みください】

LINEのやメールにて無料カウンセリングを行っています。

ご質問・お問い合わせなど、まずはお気軽にご連絡ください。

【無料カウンセリング&予約はこちらから