腰痛は産後に酷くなる!【自宅で簡単】骨盤の歪みを防ぐ、3つの方法とは!《熊本から鍼灸を広める》

出産後に女性の骨盤は歪みやすい?

お子さんが生まれてバタバタして毎日を過ごしているあなた!産後からカラダが疲れやすくなりませんでしたか?

「そーいえば、最近疲れがとれない」

忙しから疲れているだけですか?実はあなたの骨盤は歪んでいるかもしれませんよ。

【骨盤のゆがみセルフチェック】 

□頭が左右どちらに傾いている

□お尻の形が左右で違う

□体重は変わらないのにお腹やお尻が出てきた

□ストレスを感じる事が多い

□産後から生理痛・PMSがひどくなった

□産後から便秘や尿漏れなどがある

□冷え症やむくみがひどくなった

これらに思い当たる人は、骨盤が歪んでいるかもしれません。

【産後に腰痛が酷くなる】骨盤が歪む原因とは?

1:出産に伴う歪みによるもの 

妊娠するとカラダに色々な変化が起こります。妊娠周期が進むとお腹はパンパンに大きくなりますよね。出産直前には妊娠前の体重より平均で10キロ近くも増える事になります。お腹の中がそれだけ大きくなるのですから、骨盤にかかる負担も大きいのはイメージ出来ると思います。出産の時には骨盤を支えている靭帯を緩める働きのホルモンが出てきます。これにより女性のカラダは出産しやすい状態にしていきます。通常は緩んでいた靭帯が出産後3~4か月かけて締まっていきます。この時に筋力不足や姿勢が悪いことなどにより、バランス良く戻らなかったりする事で骨盤が歪みやすくなります。

2:産後の生活変化によるもの 

赤ちゃんが生まれるとそれまでの生活といきなり一変します。生まれたての赤ちゃんは数時間おきの授乳と睡眠の繰り返しになりますので、それを行うお母さんたちは慢性的な睡眠不足の日々が続きます。その中で赤ちゃん中心の生活を過ごすことになりますので、体調を壊してしまうお母さんたちも多くいます。「ちょっと待って」が出来ない慣れない生活の中で、自分のケアは当然のように置き去りになってしまいますよね。加えて産後の女性は育児に向けたカラダの変化が起きます。急激に減ってしまう女性ホルモンは筋肉、骨、関節の調整にも関係しますので、骨盤の安定を妨げることにもなってしまうのです。

これだけを考えても産後に骨盤が歪みやすくなるのは頷けますよね。                                

お産の時に帝王切開だったので骨盤の歪まないと思っている方もいますが、そんなことはありません。妊娠中に大きくなったお腹は、骨盤にも大きな負担がかかっています。妊娠中は大きくなる赤ちゃんが内臓器官を圧迫します。骨盤を囲む筋肉にもダメージがかかります。

妊娠中や産後の姿勢も腰に大きな負担がかかります。授乳・抱っこ・おんぶ・お風呂などで重心のバランスが乱れて骨盤にもアンバランスが生じやすくなります。

まつお鍼灸整骨院が推奨【自宅で簡単】骨盤歪みを改善する3つの運動

➀キレイなヒップを作るお尻歩き(ヒップウォーク)

床に両足を伸ばして揃えて座ります。つま先は力を入れずに、自然と上を向く感じでリラックスします。背筋を伸ばして腰を捻りながら、左右のお尻を動かして前に進みます。腕も軽く動きますので自然に振って下さい。前に10歩、後ろに10歩動いてみましょう。はじめは1セットからで十分ですよ。慣れてきたら一日3セット行いましょう。

②かんたん四股ポーズ(股割り) 

足を肩幅より広く開いて、太ももが床と水平になるように腰を落としていきます。背筋は伸ばして前を向きます。腰を落として10秒キープして、ゆっくりカラダを戻していきます。この時に膝を伸ばし切らない所までで伸ばすのを止めます。これを意識する事で回数が少なくても効果があります。まずは5回の3セットから始めましょう。

③骨盤ぐるぐる体操 

床に仰向けになり膝は軽く曲げておきます。息を軽く吐きながら腰を軽く浮かせます。その位置を中心として腰を左右に10回ずつ回していきます。右回しを10回したら一度腰を下ろして息を整えます。次に軽く息を吐きながら左回しをします。左右10回ずつで1セットです。はじめは1セットから始めましょう。慣れてきたら3セットを行います。

出産後の骨盤の歪みを防ぐ為に、あなたに心がけて欲しいこと!!

あなたのカラダも大切にしてください。

お子さんが生まれたことで、どうしても自分の事が後回しになってしまうお母さんが多いです。その気持ちは勿論よく分かります。しかし自分の事を後回しにし過ぎてしまって、その後カラダの不調がでてきて悩んでしまうことも多くみられます。

今だから出来るケアをしてみませんか?

産後は骨盤が歪みやすくもなりますが、反面骨盤の歪みを整えるチャンスでもあります。

「子育てで忙しいから時間が・・・」

分かります。子供が最優先で構いません。
でも、あなたが健康でないと子供と楽しい時間を過ごす事も出来ませんよね?

産後に疲れやすくなるのは仕方ない事です。決して無理をしないで下さい。産後の不調を引きづってしまっている人を多く見かけます。

当院(まつお鍼灸整骨院)の患者さんは、本人だけでなく家族の方が皆さん来られている事も多いです。家族みんなで元気で楽しい生活を目指しませんか?

自宅で出来る正しい運動や体操、お灸などもお伝えしています。

一人で無理をせずに、自分のカラダも気遣いながら子育てを頑張りましょうね。

当院(熊本市中央区 まつお鍼灸整骨院)では、腰痛でお困りの方からたくさんの喜びの声を頂いております。

腰の痛みでお困りの場合はお気軽にご相談下さい。

【病気になったから通うのでなく、楽しい日々を過ごすために来院されませんか?】

予約の前にこちらをご一読お願い致します。

【初めての方はまずはこちらをお読みください】

LINEのやメールにて無料カウンセリングを行っています。ご質問・お問い合わせなど、まずはお気軽にご連絡ください。

【無料カウンセリング&予約はこちらから

Q&A(熊本市中央区 まつお鍼灸整骨院)

Q.産後6か月になります。矯正ベルトを使用していますが、腰痛や股関節痛が無くなりません。妊娠前はこのような痛みはありませんでした。(30代 女性 熊本市中央区)

A.いまは産後の矯正ベルトもたくさん売ってありますね。自分に合ったベルトを正しく使用する事で、ある程度の効果はあるかと思います。実際にはベルトを使っている人でも、使用方法を間違っている事も多いようです。ベルトだけは細かい部分のアンバランスまで修正することは難しいので、きちんと検査をして矯正していくことも必要だと思いますよ。

Q.産後4か月経ちますが、腰痛や背中の痛みがひどいです。整体にも通いましたが治りません。(24歳 女性 熊本市中央区)

A.産後の腰痛の原因は色々考えられます。産後の骨盤の歪み、筋力の低下、筋肉のアンバランス、姿勢の悪化など、挙げるときりがありません。たくさん考えられる誘因のうち、あなたの痛みの原因となるものにアプローチしていくことが大切です。当院(まつお鍼灸整骨院)では産後の腰痛の方を多くみていますので、安心してご相談下さい。