腰痛を治すと生理痛も治る?【5分で出来る】3つの改善法!《熊本から鍼灸を広める》

生理(月経)があると腰痛が悪化。そんな事はありませんか?

生理(月経)の前後で腰痛が酷くなることはありませんか?あなたは大丈夫ですか? ■生理周期がよく乱れる ■時々不正出血がある ■普段から便秘や下痢が多い ■生理前後に腹痛や腰痛がある ■痛み止めを服用する事が多い 上記のチェック項目に当てはまるあなたは、生理痛からくる腰痛の可能性があります。

生理(月経)で腰痛が起こる理由は

1.女性ホルモンの分泌によるもの

女性ホルモンの調整を行うのが脳にある視床下部です。視床下部はストレスの影響を受けやすい部分で、目や脳の緊張が長く続くと指令をうまく出せなくなってしまいます。 ストレスの原因は人間関係やプレッシャーなど色々とあります。最近は特に目の疲労が原因と思われる方が増えてきました。今はほとんどの人がお持ちのスマホですが、成人女性の一日の平均使用時間は約3時間というデータもあります。年齢が若いほど使用時間も長くなり、高校生では6時間と言われます。 スマホを使用する時は近距離でずっと見ている状態になります。同じ距離のものを瞬きもせずに見続けることは、目や周囲の筋肉に大きな負担がかかります。スマホから出るブルーライトも目の負担を増加させます。

2.血のめぐりが悪くなっている

子宮や卵巣は血管が細く、元々血が滞りやすい場所です。冷えや血行不良で十分な栄養が届かなくなると、老廃物も溜まりやすくなり更に血のめぐりが悪くなります。女性は冷えの自覚がある人も多いですが、適切な対策を出来ていない事もあります。 いま寝る時に靴下を履いて寝ている人も多いです。 厚めの靴下を履いて、あなたの冷えは改善しましたか? 冷えは治っていませんよね? 手足にはカラダの熱をコントロールするセンサーがあります。手足を覆って温めていると、「カラダが暑いのでカラダを冷やす」という認識をセンサーがしてしまい、カラダの温度を下げようとします。 あなたのカラダが冷えるのは、センサーを誤認識させてしまっているからです。 生理痛が酷い人や冷えの自覚がある人は要注意下さい。運動が苦手なあなたも、運動不足は血のめぐりを悪くさせていますよ。

生理(月経)痛が軽減【簡単!冷え改善】3つの方法は?

1.目の負担を減らす

布団に入ってもスマホを見ていませんか?寝る直前までスマホを見ていると、睡眠にむけて脳が休む準備が出来ません。脳に刺激をくわえた状態で睡眠をとっても、質の良い睡眠にはなりません。寝るまえ1時間はスマホを見るのを止めましょう。 日中のケアも大切になります。スマホでゲームをしたり文章を読む機会が多いあなたは、10分おきには画面から視線を逸らすように気をつけましょう。 「そんなの無理!」と思ったあなたは、特に注意が必要です。

2.かかと上げ運動で末端から温める

ふくらはぎの筋肉を動かすことで、カラダの下に降りてきた血液やリンパ液をスムーズに循環させます。 足を肩幅に開いてゆっくり踵をあげていき、つま先立ちになります。踵を下ろしていく時もゆっくり行います。踵は床に下ろしきらずに2回目を行います。10回×3セットから始めていきます。 慣れるまでは足がパンパンになるので無理をしないように頑張りましょう。

3.ぽかぽか足湯でホッコリ

血のめぐりが悪くなっている時は足湯をすると即効性があります。42℃位の熱めのお湯で足首が浸かるようにします。 早い人は5分くらいでカラダがポカポカしてきますよ。15分足湯をして15分休んで、2~3回行うとより効果的です。 冬場はお湯が冷えやすいのでさし湯をして温度をキープするようにして下さいね。(くれぐれも火傷にご注意下さい) 足の血流をあげる事で足の余分な水分や老廃物も流してくれますので、足のむくみにも効果的ですよ。

冷え改善は腰痛改善!生理(月経)痛の改善も冷えの改善!

「生理痛はあるのが普通だから我慢するもの」 だと思っていませんか?つらい生理痛を我慢する必要はありません。 生理時に痛み止めを飲む習慣になっているあなた。 その習慣を見直しませんか? 当院(熊本市中央区 まつお鍼灸整骨院)では多くの生理痛、生理不順でお困りの方からたくさんのお喜びの声を頂いております。生理痛、生理不順でお困りの場合はお気軽にご相談下さい。

【病気になったから通うのでなく、楽しい日々を過ごすために来院されませんか?】

予約の前にこちらをご一読お願い致します。

【初めての方はまずはこちらをお読みください】

LINEのやメールにて無料カウンセリングを行っています。ご質問・お問い合わせなど、まずはお気軽にご連絡ください。

【無料カウンセリング&予約はこちらから

Q&A(熊本市中央区 まつお鍼灸整骨院)

Q.生理前の腰痛がひどくてつらいです。学生ですが座っているのが無理なときもあります。薬は効くときと効かない時があります。(16歳女性 熊本市中央区) A.生理の前以外にも腰痛はありますか?腰痛はカラダの冷えや姿勢不良、ストレス、内科疾患など色々な事が考えられます。他に気になる症状などもお聞かせ下さい。痛みを緩和して勉強に集中できるようにお手伝い出来たらと思います。 Q.生理周期が不順で腰痛・頭痛・肩こりがひどいです。婦人科を受診しましたが、異常はありませんでした。(32歳女性 熊本市北区) A.生理不順がある場合は、頭痛や吐き気・肩こり・めまいなどの症状が酷く出る事もあります。生理周期を整えて生理痛に困らない、快適な生活を目指しましょう。