寝不足の原因は寝る前の○○!あなたは大丈夫?

寝酒は睡眠不足の原因になります

大人になるとお酒を飲む機会が増えますよね。

お酒も適度に付き合うにはよいですが、飲み方に気をつけないとカラダに悪い時もあります。

あなたは寝る前にお酒を飲んでいませんか?

・毎日寝酒をしている

・寝酒の量が増えてきた

・寝てから3時間以内に目が覚める

・大きなイビキをかくことがある

・朝スッキリ起きられない

 

これに2つ以上当てはまる人は、ご注意ください。

あなたの睡眠の質は低下していますよ。

 

アルコールが睡眠に及ぼす影響とは

お酒を飲むと眠くなることがありますよね。

そのため眠れないからとお酒を飲む人も多いです。

始めは少量で眠くなりますが、一週間も経つと耐性がつきます。

そうなるとすぐに量が増えていきます。

 

アルコールを飲むとカラダは眠りやすくなります。

それは正しい飲み方をしている時だけです。

アルコールが身体に入ると、体温が上がりそのあと急激に体温が下がります。

この体温の低下により眠気を誘います。

しかし、アルコールが身体に入って寝ていると睡眠は浅くなります。

これは多くの研究により証明されています。

深い眠りにつけず浅い眠りになってしまいます。

そのためすぐに目が覚めてしまうのです。

アルコールを飲んで寝ているつもりでも、実は悪い睡眠習慣になっているのです。

 

睡眠の質を上げるお酒の飲み方は

起きている間にアルコールを分解するには、寝る4間前に止める事です。

アルコールを分解には時間がかかります。

分解する前に寝てしますと、寝ている間にその仕事をします。

寝ている時に内臓が仕事をすると、カラダを修復するのが後回しになります。

そのためカラダの疲れを回復できないのです。

これでは朝スッキリ起きられる訳がありませんよね。

 

もう一つは、アルコールに頼らない睡眠習慣をつける事です。

寝酒をしていると、お酒の飲む量が増えてきます。

飲んで寝ている間は睡眠の質が低下するので、日中のパフォーマンスも低下します。

よい睡眠を習慣づけるために、寝る前に何をするのかを予め決めておきます。

お風呂の時間、食事の時間、晩酌の時間などを決めて生活します。

人間は3週間続ける事で習慣づいてきます。

はじめは意識しないと出来ませんが、慣れると意識せずにできますよ。

 

寝酒はだめ。晩酌で朝スッキリ!

アルコールの飲み過ぎは睡眠だけでなく、内臓にも負担がかかります。

睡眠不足の上にカラダもボロボロになり、アルコールは減らせない。

こうなると負のスパイラルになります。

眠れないからお酒を飲む!は止めましょう。

 

正しい睡眠習慣を取り戻すのは一日では出来ません。

朝起きて光を浴びる事で、体内時計がリセットされます。

まずは朝起きて太陽を見る事から始めましょう。

 

【病気になったから通うのでなく、楽しい日々を過ごすために来院されませんか?】

当院は薬に頼らず自分のカラダは自分で治すチカラを取り戻すことを目指しています。

あなたも痛み止めの薬や睡眠薬、便秘薬から卒業しませんか?

予約の前にこちらをご一読お願い致します。

【初めての方はまずはこちらをお読みください】

LINEのやメールにて無料カウンセリングを行っています。ご質問・お問い合わせなど、まずはお気軽にご連絡ください。

【無料カウンセリング&予約はこちらから