【女性は要注意】偏頭痛を繰り返すダメ習慣!あなたは大丈夫?

あなたの頭痛はどうですか?

・頭の片側両側に痛みがある

・ズキンズキンと脈を打つような感じ

・日常生活の動きで悪化したりする

・吐き気や嘔吐を伴う事もある

・光や音、においで悪化したりする

このような事はありませんか?

 

偏頭痛は薬を飲んでも治りません

今は市販の頭痛薬がたくさんあります。

すぐ購入が出来るので、いつでも飲めますよね。

頭痛があるから頭痛薬を飲む。

痛み止めの薬が効いている間に原因が改善すればよいです。

しかし痛み止めの薬には原因を治す作用は無いです。

なので、薬を飲み続ける事になります。

頭痛が出たら薬を飲んで、また頭痛がでたら薬を飲む。

根本的な解決はしないので頭痛は繰り返します。

カラダはボロボロになっていきますよ。

 

偏頭痛が女性に多いワケとは!

偏頭痛は10〜40代の女性に多く、何度も繰り返しておこります。

原因として脳の血管の拡張や三叉神経と血管の炎症、エストロゲンの影響などがあります。

あなたは大丈夫ですか?

次の事は偏頭痛を悪化させますよ。

 

1:ストレスが多い

ストレスは気づかないうちに溜まります。

・仕事や職場の環境でストレスがある

・家事や育児、夫婦間でイライラが多い

ちょっとしたことでイライラしていませんか?

仕事に行くのが嫌なときはありませんか?

それとは逆に休日になると頭痛が起こる人もいます。

これは休日・試験終わりなど、ストレスからの解放が頭痛を誘発します。

 

2:睡眠トラブルがある

寝不足や週末の寝溜めも頭痛の誘因になります。

睡眠はカラダを修復する大切な時間です。

ただ寝ている時間が長ければ良い、わけではありません。

睡眠の質が大きく関係します。

・昼夜逆転の生活をしている

・夜間勤務をしている

・睡眠時無呼吸症候群

などは睡眠が乱れやすいです。

日中に眠気がある人も睡眠不足かも知れませんよ。

 

3:月経周期が関係する

女性はエストロゲンの増減による影響もあります。

月経周期に伴う頭痛がある人は、ホルモンが関係しているかも知れません。

月経の前後はホルモンが増減します。

あなたの頭痛は月経時はどうですか?

またピル(避妊用・治療用)、ホルモン療法などで、頭痛を誘発する事もあります。

女性の頭痛はホルモンの影響も大きいですよ。

 

今日からできる偏頭痛のセルフ改善法!

1:リラックスできる環境をつくる

忙しい生活を送っていると、つい休むのを忘れてしまいます。

家に帰っても仕事をしていませんか?

脳が休む時間、リラックスできる時間を作る事がストレス解消に繋がります。

お風呂やストレッチ、好きな本や映画をみるのもおススメです。

少しで良いので好きな事をする時間を作りましょう。

 

2:睡眠の質を向上させよう

長いこと寝ていてもスッキリ起きれない睡眠はダメです!

頭がスッキリ、やる気が出てくる睡眠が必要です。

頭痛持ちには不眠症の人も多いので、気をつけましょう。

寝室でスマホを使う人は睡眠の質が低下しやすいです。

寝室は寝るための部屋だと意識しましょう。

 

3:月経トラブルを見直そう

月経痛がひどくて痛み止めを飲む人は要注意です。

すでに痛み止めに依存している可能性が高いです。

月経に伴う痛みやイライラも頭痛に繋がります。

冷えや便秘は月経トラブルを悪化させます。

冷え症・便秘症の人はカラダの血流が悪くなります。

頭痛は気になるが、冷えや便秘は放置しがちです。

これらの改善が頭痛の改善につながりますよ。

血流改善に水分は欠かせません。

まずは目覚めに白湯を一杯のみましょう。

 

頭痛薬を飲みますか?原因を治しますか!

痛み止めの薬の飲みすぎると、本来痛みがあった時に自ら痛みを抑える反応が悪くなります。

脳が痛みを抑える仕事をさぼるので、少しの痛みでも強く感じることになります。

痛みに弱いカラダになってしまうのです。

そのために薬を飲む事が止めれなくなります。

あなたは痛み止めを飲み過ぎていませんか?

 

◽︎偏頭痛を根本的に改善して、慢性の頭痛から卒業しましょう

最近は頭痛外来も増えてきました。

しかし、それでも頭痛が改善しない人は多いです。

頭痛だけをみていても治りません。

一時的な方法では症状を繰り返すことになります。

体質はすぐには変わりません。

頭痛が起きやすいカラダを治していきましょう。

体質を変えていくには、良い生活を習慣としていく事が大切です。

 

【病気になったから通うのでなく、楽しい日々を過ごすために来院されませんか?】

予約の前にこちらをご一読お願い致します。

【初めての方はまずはこちらをお読みください】

LINEのやメールにて無料カウンセリングを行っています。ご質問・お問い合わせなど、まずはお気軽にご連絡ください。

【無料カウンセリング&予約はこちらから

 

当院(熊本市中央区 まつお鍼灸整骨院)では偏頭痛でお困りの方から、たくさんのお喜びの声を頂いております。

Q&A 頭痛(熊本市中央区 まつお鍼灸整骨院)

Q,病院で特に問題はないと言われました。(20代 女性 熊本市)

A、それは不安になりますよね。病院で問題ないと言われる事はよくあります。頭痛の検査で何か原因が特定できる事は少なく、多くの場合が問題無しと診断されます。当院に来られる方の多くも、病院で異常無しと言われています。それでも頭痛は軽減される方がほとんどです。ご安心下さい。

Q、頭痛薬を毎日飲んでいます。高校生です。(高校2年生 女性 熊本市)

A、最近は頭痛の低年齢化が進んでいます。当院でも小中学生の患者さんがいますよ。まずは頭痛の原因を探してみましょうね。