便秘になる人の特徴!あなたは大丈夫?

便はカラダのバロメーター。自分のカラダを確認しよう!

今は洋式トイレが多いので自分の便を見る事が出来ると思います。

便の状態を観察することで、自分のカラダの状態が分かります。

あなたは大丈夫ですか?

・毎食後すぐにトイレに行く人

・1日1回行く人

・3日位でない人

・便秘薬を使って出す人

など色々だと思います。快便は個人差があります。

理想は皮をむいたバナナ位の硬さで1~2本、あまり力まずにスッキリとでる。

便が水に浮く位の水分量です。

食事をして便として外にでるまで時間は個人差もあります。

鉛筆のように細い便やウサギのウンチみたいにコロコロしたものは、運動不足やストレスの影響で、腸の動きが良くない状態です。

便秘はカラダに腐敗したものが溜まっている状態です。

便秘が長引くとカラダに様々な悪影響を及ぼしてきます。

生活習慣やストレス、加齢などが主な原因となります。

 

【朝が重要】今日から始める解消法

 朝起きたらまずは一杯

「朝起きてコップ1杯の水を飲むと便秘に良い」

一度は聞いた事あると思います。

空腹時に水を飲むと胃から腸に信号がいき、腸の動きを活性化してくれます。

朝に一杯の水は効果的ですが、日中の水分補給もとても大切です。

便の80%は水分です。水分をしっかり取らないと、便がうまく作れません。

水分が少ない便は硬くなり、出す時にカラダに負担が大きくなります。

水分不足で便秘になりやすくなり、硬い便になると痔にもなります。

朝起きてのコップ1杯、日中は毎食後に1杯ずつの3杯、寝る前に1杯の合計コップ5杯の水を飲むように意識しましょう。

コーヒーやお茶とは別に水をしっかりと飲むことが重要です。

 

朝食は便秘解消の大きな味方

大腸は普段は動きがとても弱いです。

それが強く動くのが食事の後です。

胃にものが入る事で腸に指令がいき、排便の準備が始まります。

腸の蠕動(ぜんどう)運動は胃の内容物を腸へと運び、消化吸収などを行うことです。

この動きが1番大きくなるのが朝食後です。

その為に朝食を取る事が便秘の改善には必要です!

便秘の人で朝食抜きダイエットなどをしている人は、食べない事で便秘を悪化させています。

内臓の動きが良くなると、肌つやも良くなりますし、代謝も上がります。

ダイエットをしたい人は便秘を解消して、きれいな肌を目指しませんか?

 

朝のトイレタイムを優先する

朝は朝食の準備や片づけ、掃除、子供の世話などでバタバタの時間を過ごしている方も多いです。

前日の夕食を食べて朝の朝食までが、空腹時間が一番長くなります。

実はこの時間が、1日で1番排便しやすい時間になります。

朝から忙しくてトイレに行かないでいると、いつまでも便秘は治りません。

「朝は排便のゴールデンタイムですよ」

この時間を逃してしまうと便秘は改善するのは難しいです。

 

便秘の習慣を卒業。朝からスッキリ過ごしましょう!

便秘の期間が長くなると便が大腸にいる時間が増えます。

大腸にいる時間が長くなると、水分の吸収が増えて便が固くなってきます。

そうなると症状が悪化することになります。

長期化する事で腸がむくんでしまい、顔や足がむくむ原因にもなります。

便秘で便が固くなすと、痔になる事も多いです。

痔になると排便時の痛みが出てくるので、便意を我慢する事も多くなり負のスパイラルになります。

薬で便を出している人は、排便力が落ちていきますよ。

 

【排便がスッキリしない・薬を使わないと便が出ない人は、まずはご相談ください】

当院は薬に頼らず自分のカラダは自分で治すチカラを取り戻すことを目指しています。

あなたも痛み止めの薬や睡眠薬、便秘薬から卒業しませんか?

予約の前にこちらをご一読お願い致します。

【初めての方はまずはこちらをお読みください】

LINEのやメールにて無料カウンセリングを行っています。

ご質問・お問い合わせなど、まずはお気軽にご連絡ください。

【無料カウンセリング&予約はこちらから