不眠なら知っておくべき【睡眠薬の使い方】

次のことが当てはまる人は、普段の睡眠の質が低下している可能性があります。

■寝つきに30分以上かかる

■寝て3時間以内に目が覚める

■週に2日以上、日中の眠気を感じる

■朝起きた時にスッキリしていない

■睡眠薬を服用している

 

当院でも患者さんに

「睡眠薬を飲んで寝ているから、良く寝ています」

と言われることがあります。

睡眠をとる事を優先に考えたら、睡眠薬を服用することもありです。

但し、それは一時的な服用に限ります。

「毎日よく寝ています。睡眠薬を毎日のんでいます」

と言われると、ちょっと待って下さい。

 

睡眠薬に睡眠を改善する作用はない?

睡眠薬を飲んでいて、睡眠が改善されてましたか?

いまも睡眠薬を飲んでいませんか?

睡眠薬が効かなくなって、違う薬に代わっていませんか?

現在日本の病院で出される睡眠薬の多くは、ベンゾジアゼピン系と呼ばれるものです。

これは以前の睡眠薬より安全性が高いからと一気に広まりました。

ハル〇オン、デ〇ス、レンド〇ミンといった、皆さんもよく耳にする薬です。

病院に行くと比較的簡単に出される薬です。

欧米では長期にだす場合は注意喚起がされるようになりました。

日本でも長期の服用を抑制するために、これらの薬を長期にだす場合は診療報酬の減算になっています。

睡眠薬にもリスクがあります。

今は睡眠薬を短期的に使用して、不眠の根本的な問題を改善しようという病院も増えてきました。

しかし、まだこの考えの病院は少数派です。

睡眠薬を長期に服用する事で、その薬を止める時に不安感、焦燥感、気分の落ち込み、頭痛、動悸、吐き気などの症状が出る事もあります。

その為に自己判断での薬を止めたりするのはキケンです。

現在長期で服用している人は、今後の計画はどうする予定なのか主治医にご相談してみて下さい。

医師によって考え方は異なります。納得できる説明をしてもらえると安心ですよね。

 

長く寝てもダメ!睡眠の質が重要です。

睡眠は

・カラダの修復と成長

・ストレスの緩和

・脳の休息

・記憶の整理

などカラダのメンテナンスを行っている状態です。

睡眠の質が低下すると、これらがうまく出来ません。

その為にカラダが不調を起こす誘因となってしまいます。

睡眠薬の多くがベンゾジアゼピン系です。

これらは服用する事で睡眠の質を低下させます。

睡眠中は筋肉が休んだ状態のレム睡眠と脳が休んだ状態のノンレム睡眠が繰り返されます。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は浅い眠りを増加させて、深い眠りを減少させます。

浅い眠りが増える事で、睡眠の質が低下します。

睡眠薬を飲んで寝る事で、睡眠がとれている気分になっていませんか?

 

不眠の誘因は

・子育てや職場のストレス

・親や子どもに関する悩み

・アルコールやカフェインの飲み過ぎ

・周囲の環境

などがあります。

【睡眠とアルコールはこちらの記事をご覧ください】

睡眠薬を飲んで寝る事では、これらは改善しません。

あなたの不眠の原因を見つめなおしてみませんか?

 

【不眠でお困りの方は、まずはお気軽にご相談ください

予約の前にこちらをご一読お願い致します。

【初めての方はまずはこちらをお読みください】

LINEのやメールにて無料カウンセリングを行っています。

ご質問・お問い合わせなど、まずはお気軽にご連絡ください。

【無料カウンセリング&予約はこちらから